トランクルームの契約はどうやるの?

一般的なトランクルーム契約の流れ

トランクルームを契約するためには、内見後もしくは電話やウェブで問い合わせをするのが一般的です。契約の際は、書類に必要事項を記入し提出しますが、事前に本人確認書類や金融機関の印鑑を用意しておく必要があります。その後、書類の確認や審査が行われ、通れば初回費用を支払って利用開始となります。法人契約の場合は登記簿謄本や代表者の身分証明書、社員証の写しなどの書類も必要になり、保証委託料や礼金も支払うこともあるので各レンタル会社に確認しておくとスムーズに進めることができるでしょう。トランクルームの契約は賃貸の部屋を借りる流れと似ていますが、審査はそれほど厳しくないと言えます。なかには保証人や収入について詳しく審査される場合もありますが、それらが必要ないところもあるので様々なレンタル会社を比較することが望ましいのです。

トランクルームのメリットって何があるの?

トランクルームの最大のメリットは、荷物を自分の部屋以外に気軽に保管しておけるということです。特にスノーボードやスキー、スタッドレスタイヤのようにシーズンオフには使わないものを保管しておくのに便利です。また、本や雑誌のようにどんどん溜まってしまって置き場所に困ってしまうものを閉まっておくことで必要な時だけ取り出して楽しむことが可能となります。また、短期契約も可能なところもあるので引っ越しの際に一時的な保管場所として利用することもできます。24時間出し入れできたり料金も手頃であったりとトランクルームの利点は多く、自分の部屋だけでは収納しきれないものがある場合は検討してみる価値はあると言えるのです。

気軽に物を保管できるようなレンタル倉庫が最近増えています。海外出張をする人や荷物が多い人に特に人気です。